『《造反有理・帝大解体》 ーーあの時代、皆生きる為に闘ったーー』

 現代的不幸に苛まれる<僕/私>。<僕/私>は祖父の死に触れて思う。

祖父の人生は一体どんなものだったのだろうか。

祖父は幸せだったのだろうか。

<僕/私>は亡くなった祖父の家から一冊の小説を見つける。

それは、祖父が学生時代に執筆したものだった。


『《造反有理・帝大解体》 

ーーあの時代、皆生きる為に闘ったーー』


愛とは何か?生きるとは何か?

1960年代後半の学生たちを描く物語。